「店の名は」

いわなみ家の話

第27話

「店の名は」

 

福島市花園町にあるベーカリーカフェ「Roccia(ロッチァ)」のラインナップ。

山食

ノアレザン

チョコクランベリーベーグル

ショコラオランジュ

イングリッシュマフィン・・他

 

あれ?お気付きの方、いますね?

そうです。いわなみ家のラインナップと同じものがありますね。

ロッチァはわたしの一番弟子、けいちゃんのお店です。

今月で5周年を迎えるロッチァでは、パンの販売はもちろん、曜日ごとに変わるパンのランチプレートやスイーツのセットを提供しています。

そうそう、パンに合わせたオリジナルブレンドコーヒーも美味しいです。

それもそのはず、すぐ隣の「珈琲舎雅(こーひーしゃみやび)」はけいちゃんの旦那様がマスターの、珈琲と器のお店。

閑静な住宅地の一角で18年続く、地元の人たちに愛されているコーヒーやさんです。

 

その、信頼と誠実さを絵に描いたようなマスターから相談を受けたのは6年ほど前、次女が10ヶ月の頃。

「せんせ、折り入ってお話が・・。パンとコーヒーのお店を出したいんだけど、協力してもらえませんか?」

同席したけいちゃんも、背筋をのばして、歳下の私に、「せんせ、お願いできる?」。

「お店をプロデュースてこと?やったことないけど・・やる!」

ここに、なんとも頼りないパン屋開業プロデューサーが誕生しました。セーターを肩からひっかけてる人?!

弟子のほうが自分より先に店を出すという、おもしろい展開です。

マスターは私に全幅の信頼を置いてくれて、その場でプロデュース料の話までしてくれました。

私の仕事は以下の通り

  • 全てのいわなみ家パンレシピの提供
  • 業務用オーブン、発酵器、ニーダー(パンこね機)の選定
  • 業務用オーブンでの焼き時間と温度の調整、試し焼き
  • 大量に生地を仕込む際の指導
  • けいちゃんへの特訓
  • パンの紹介、リーフレットの作成

マスター、けいちゃん、スタッフさんと、毎日集まって、あーでもないこーでもないと、準備を進めました。

学生時代の部活動のように。

私自身、会社員を辞めて以来、久々にチームで働くことがとても新鮮で、「せんせ」と求められることが気恥ずかしくも、ありがたく思いました。

まだまだおっぱいをせがむ次女を抱っこしていても、「世の中と繋がってる、置いていかれてない」と社会復帰を実感していました。

 

けいちゃんは、福島のパン教室に初めて来てくれた人で、生徒ナンバー1。

そして、技術とセンスもナンバー1。

なので、出来ることなら何でも協力するよ、と約束したのです。

5周年おめでとう!

 

「で、何でロッチァなの?」

と、けいちゃんに、お店の名前の由来を聞いたことがありました。

「いわなみせんせー、知ってる?イタリア語でRocciaって、岩って意味なんだよ~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「点と点がつながる日」

いわなみ家の話

第26話

「点と点がつながる日」

 

えー。

みなさまにご報告があります。

わたくし、このほど、有段者になりました!

2年前から長女と一緒に習い始めた書道教室の、硬筆(ペン字)で「級」から「初段」になりました。

のれん、名刺、ホームページ、パン屋関連の至るところに「いわなみ家」とありますが、お恥ずかしながら、あれは私が書いたものです。

あれを書いたあと、「こりゃまずいな、字が上手になりたい」との思いで書道教室に通い始めましたので、残念ながら有段者のジツリョクをもうパン屋には生かせないのですが(笑)

後で何が役立つか分からないのが人生のおもしろいところ、らしいですから、続けます。

 

もうひとつ、継続しているエアロビクスは、「初中級」から「中上級」へ、微妙にステップアップしました。

エアロビクスは大学生から続けていて、若いときはスタジオ通いもしていましたが、今やYouTube動画が豊富にあります。

体力をつけて、長くパン屋をやっていくために、毎日続けています。

ひとたびカラダを動かすことを習慣にすると、動かない日は逆にカラダが気持ち悪いと感じます。

スマホを立てて、その小さな画面の向こうにいるノリノリのインストラクターと一緒に動きます。

そんなアタシに家族はもう慣れっこです。

今朝は

「滝汗確定エアロビ(20分)」と

「腰肉撃退エアロビ(8分)」を組み合わせて、汗だく。

徹夜でベイカーズ・ハイしたあとの、エアロビクス・ハイ、しびれます。(変人?)

 

今回のブログ、大それたタイトルをつけましたが、白状します。

スティーブ・ジョブズ氏のスタンフォード大学でのスピーチからヒントを得ました。

さまざまな経験が、ドット(点)とドットでつながる日が来る、んだそうです。

彼がデザインしたマッキントッシュが世に出たときのように。

 

ペン字とエアロビが?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「白と黒のパン」

いわなみ家の話

第25話

「白と黒のパン」

 

先日、子どもたちが図書館で借りてきたアニメDVD「アルプスの少女ハイジ(1979年作品)」を見ていて、思わず2度見してしまったシーンがありました。

両親を亡くした少女ハイジは、アルプスの山小屋に住むアルムおじいさんのところに身を寄せることになりました。

その、夕飯のシーン。

アルムおじいさんが戸棚を開けると、

まず一番上に服が掛かっていて、

その下に木製のコップや皿、

そして一番下にパンとチーズが入っていました!

衣食住、暮らしに必要なものが全て戸棚に入っているのです。

 

一日中雨が降り続く高温多湿な梅雨のニッポンでは、今日も、エアコンをドライモードに設定し、パンは冷凍庫で保管しながら生活しています。

 

話は戻って山小屋の夕げ。

アルムおじいさんは、チーズとパンの塊からそれぞれ2枚を切り取ります。

チーズは鉄の棒に刺し、暖炉の火であぶって、トロンと溶けてきたところを、ハイジが待つパンの上に載せてやるのです。

その無駄のない所作といったら・・!

美しく、美味しそう!

パンはもちろん、「黒パン」です。

みっちり目がつまっていて、ボソボソしているんでしょうが、とろけたチーズをのせてやればもう何も要らない。

実際、劇中では自給自足の貧しい暮らしの設定ですから、テーブルの上に他にあるのはヤギのミルクだけでした。

 

パン教室でも白い粉と茶色い粉の違いについてよく話しました。

小麦の粒は、イメージは玄米とおなじで、外皮は茶色で中心部にかけて白くなっています。

外皮(ブラン)にはビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富ですが、パンにすると舌触りの悪いボソボソなものができてしまいます。もっとも、ハイジの食べていたパンは、痩せた土地でも育つライ麦のパンかもしれません【黒パン、田舎、アルプス】。

内側の胚乳は白く、糖質やたんぱく質が多く含まれますので、キメの細かいふわふわのパンやケーキに使われます。外皮を選り分けて製粉する必要があり、小麦粉になるまでに手間がかかります【白パン、都会、フランクフルト】。

 

予備知識はここまでにして、また話に戻りましょう。

アルプスの山の暮らしに慣れたある日、親戚のおばさんがやってきてハイジをフランクフルトに連れ戻そうとします。

最初はアルプスを離れないと言い張っていたハイジですが、都会には美味しいものがいっぱいだと聞かされて、

「おばさん、フランクフルトには柔らかい白パンあるの?」

「ええ、いくらでもあるわ!」

話に乗ってしまいます。

心優しいハイジは、山の暮らしで知り合ったおばあさんの言葉を思い出していました。

「黒パンは私には固くてねぇ。たまには柔らかい白パンが食べたいわ」。

そして、その日のうちに買って帰り、おばあさんに届けようと思いついたのです。

 

無情にもフランクフルト行きの電車が動き、夕日で染まったアルプスの山々が遠ざかるのを、親のわたしだけが涙で画面をにじませて見ているのでした・・。

格差社会のなかで、本当の幸せとは何かを問う。白と黒のパンだけでここまで表現しているなんて、これはただの幼児向けアニメではありませんでした。

その日の夕方、湯船に浸かって、「白パンと黒パンの違いわかる?フランクフルトって東京みたいなとこなのよ、だからね・・」と説明しても、ポカンとしてる幼子たちよ(笑)

次女に至っては「あの、ソーセージのついたやつ?」とのたまわっておりました。

 

母ちゃんはスイスとドイツへ、パンとチーズの旅に行きたくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「昼寝(ただいま業務中)」

いわなみ家の話

第24話

「昼寝(ただいま業務中)」

 

 

「っーてことは、今日も寝てないってことですよね?」

ひとしきり続いたお客様の列がなくなったころ、毎回ひょっこりたずねてくるのが、裏の家のケイコちゃんです。

歳は私より6つほど下で、お互い婆ちゃんになったら、漬け物でも出して縁側でお茶飲みするであろう仲です。

【本日完売しました】の看板を出し、パン陳列用のザルを片付け、ケイコちゃん差し入れのジュースを飲んで脱力タイム。

お尻に根っこが生えた店主はなかなか立ち上がれません。

「そろそろ退散しますから寝てくださいよー」と、店主を促すケイコちゃん。

 

この日も深夜1時のオールナイトニッポンを聞きながら朝までパンを焼き、そのまま午前10時30分の開店時間を迎え、完売まで走り切りました。

 

ケイコちゃんのみならず、我が娘たちも、

「ママは、今昼寝中!」

の意味を、正しく理解してくれています。

 

 

「寝かせて。昼寝もおしごとのうちなの!」

と娘らが2歳の頃から言い聞かせています。

最近になってやっと、馬乗りになって叩き起こされることがなくなりました。

私が新聞社にいたころ、仮眠室という薄暗い部屋があって、歯医者のリクライニングシートみたいなのがずらりと並んでいました。

ちょっと横になれば、その後の仕事効率が良くなるのに、仮眠室の扉を開けるのはどうも後ろめたくて。サボってると思われるんじゃないかと。

仕事に家事に子育てに、疲れたら、大手を振って「ちょっくら寝てくる!」。

そんなふうに言い切れる雰囲気にならないかなあ、我が家だけじゃなく、世の中全体が。

と思っていたら、先日の福島民友新聞(別刷り「TOUCH」)に、台湾在住の青木由香さんが台湾人の「元気の秘訣」をレポートしていました。

それによると、「台湾の小中学校には昼寝の時間があって昼食後に机に突っ伏して昼寝をする」のだそう。さらにはこの習慣が社会に出ても続いていて、「昼休みには昼寝のために電気を消す会社も多い」。

なんてうらやましい!

強制的に昼寝タイムが設けられたら、罪悪感なんて背負わなくても目を閉じられたのに・・。

 

昼寝のほんの2、30分。この威力はすごいもんがあります。

誰に遠慮することもありません。

もし、「いつも寝てるよね」って言われたら?

「いつも働いてるから!」って胸を張って答えましょ。

 

 

 

 

 

「彼とベイカーズ・ハイ」

いわなみ家の話

第23話

「彼とベイカーズ・ハイ」

 

ランナーズ・ハイ、クライマーズ・ハイ。

長距離ランナーや登山家が、極限の体力や恐怖心に達したところで、それらを忘れてしまうくらいのハイ(酩酊)状態になり、何をしても辛くなくやり遂げることができることだそうです。

朝のジョギングも続かず、目前の磐梯山は眺めるだけの私が、そんなハイ状態になることがある?!んです。

 

いわなみ家パン屋の始業は午前1時。

「菅田将暉のオールナイトニッポン、この番組は東京千代田区のニッポン放送をキーステーションに全国ネットでお送りします。今夜も、このあと深夜3時までお付き合いください」

チャラッチャ、チャッチャララ チャッチャラ~♪

お馴染みのあの曲で、パン焼きのスイッチが入ります。

【1時10分】ベーグル58個分、カンパーニュ4玉、ショコラオランジュ20個分の生地を冷蔵庫から取り出し、発酵器に移して温める。重さにすると全部で15キロほど。

【1時15分】前日夜、仮眠前に焼いておいた山食が完全に冷えているのを確認し、ハーフサイズに切って袋詰め。

今日もリスナーの容赦ない菅田さんへのツッコミに腹を抱えます。

リ「おい!菅田!」

菅「は、はいっ(恐縮)」

実際には菅田さんが1人2役でメールを読み上げているんですが、こんなリスナーとパーソナリティーのやりとり聞いたことありませんよね。

人を傷つけない低姿勢さも彼の魅力だと思います。

 

【1時30分】発酵器の生地に手を当てて、ほどよい弾力を感じたら、一気にベーグルを分割。

ラジオのトークに笑う暇はあっても手を休める猶予はなし。発酵は待ってくれません。

ここは、「無」の境地で片づけます。

カンパーニュの生地も、すき間時間で分割して丸めておきます。

 

【1時50分】ラジオがCMに入ったタイミングでトイレへ走る。

手を洗ったら、ついでに冷蔵庫からチーズとマロングラッセと残りの生地をピックアップしてパン工房に戻る。

「この忙しいのに手ぶらで帰ってくんなよ~」

が、パン屋修行時代の先輩の口ぐせでした。

持ち場を動くなら、帰りに何か材料取ってこいってことです。まだ身に付いてますよー、先輩!

【1時55分】この前頂いた、とっておきのチョコとコーヒーの休憩にしたいところだけど、ショコラオランジュの生地を20個に分割。

続いてさっきのベーグル生地に具材を入れて棒状にしていきます。56本ノック。

【2時30分】チョコとコー、、が目の前にあるのに、56本終える頃には1本目がいい感じに緩んで、リング状に成型するタイミングとなりました。

これとほぼ同時に、ショコラオランジュとカンパーニュが「あたしらも成型してよー」と訴えてきます。

この辺りが、わたしのベーカーズ・ハイ、酩酊開始となります。

大量の生地に急かされれば急かされるほど、楽しくなってやれる気がしてくる。ハイになっちゃいます。

【2時58分】「そろそろお別れのお時間です。ここまでのお相手は菅田将暉でした。ほな!」

♪チャラ~ン♪

 

午前3時を過ぎて彼が帰ってしまっても大丈夫、寂しくないのです。なぜならベーカーズ・ハイだから(笑)

このあと子供たちが起きてくるまでの3時間、大小120個のパンを焼きながらハイ状態は続きます。

オーブンは2台しかないので、発酵が一気にやってこないようにコントロールする必要があります。

それがパン焼き人冥利に尽きる作業で、難しくも楽しい。

ベイカーズ・ハイに導かれるには・・

  1. 自分の今の能力より、ちょっとだけ上のタスクを課す
  2. 音楽や彼など、伴走者をつける(自分の目と手は自由に動かせる状態)。YouTube動画とかはダメよダメダメ。目が奪われ、手が止まります

では!今夜も彼とハイになって参ります~