【4月からの価格一覧】

【お客様各位】

2022年4月以降の店頭販売、および、2022年5月以降のお届けパンのパン価格(表示は税込み)を変更します。

大部分は小麦やその他パン材料価格の高騰により、値上げすることにします。一部、据え置きや値下げなどもあります。

いわなみ家の値上げの基準については、いわなみ家の話https://iwanamike.com/archives/category/iwanamikeblog

をご一読のうえ、ご理解いただけると嬉しく、また、今後の励みになります。

  • 山食(ハーフ)400円、(ホール)800円
  • パン・ド・カンパーニュ(ハーフ)420円(ホール)840円
  • ノアレザン、ナッツとチーズのハードパン他(量り売り)
  • 塩あんこベーグル310円
  • 黒ごまチーズベーグル310円
  • ブルーベリーベーグル300円
  • チョコクランベリーベーグル300円
  • 抹茶かのこベーグル300円
  • ココアチョコクランベリーベーグル310円
  • ジャガイモパン(ハーフ)420円(ホール)840円
  • 紅茶パン250円
  • マロングラッセのバトン240円
  • チーズとナッツのバトン240円
  • ショコラオランジュ230円
  • オレンジピールとクリームチーズ(大)420円(小)210円
  • ソフトミルクパン500円
  • ハニーチーズピザ(1切れ)200円
  • アーモンドトースト250円
  • シリアルフルーツバー210円
  • いわなみ家のグラノーラ600円
  • やっこいあんバターサンド270円
  • マロングラッセとクリームチーズのくるみパンサンド360円
  • ブルーベリーベーグルクリームチーズサンド350円

 

【10月4日(火)ラインナップ】

【10月4日(火)ラインナップ】

おはようございます!

10時30分オープンです(^-^)

 

  1. 山食
  2. アーモンドトースト
  3. ノアレザン
  4. ナッツとチーズのハードパン
  5. やっこいあんバターサンド
  6. オリーブとチーズ
  7. 塩あんこベーグル
  8. 黒ごまチーズベーグル
  9. チョコクランベリーベーグル
  10. 抹茶かのこベーグル
  11. ブルーベリーチーズバトン
  12. ナッツとチーズのバトン
  13. ショコラオランジュ
  14. オレンジピールとクリームチーズ
  15. マロングラッセとクリームチーズのくるみパンサンド
  16. いわなみ家のグラノーラ

【10月2日(日)完売しました(12:30)】

【10月2日(日)完売しました(12:40)】

 

 

  1. 山食
  2. アーモンドトースト
  3. パン・ド・カンパーニュ
  4. ノアレザン
  5. ナッツとチーズのハードパン
  6. 黒ごまチーズベーグル
  7. ココアチョコクランベリーベーグル
  8. やっこいあんバターサンド
  9. 抹茶ホワイトチョコクランベリーのバトン
  10. ナッツとチーズのバトン
  11. ショコラオランジュ
  12. マロングラッセとクリームチーズのくるみパンサンド
  13. シリアルフルーツバー
  14. いわなみ家のグラノーラ

【9月25日(日)本日完売(11:07)】

【9月25日(日)本日完売(11:07)】

 

肌寒くてパンの焼き上がりが遅くなりました~。

今月は今日が最後の営業です。

 

  1. 山食
  2. アーモンドトースト
  3. パン・ド・カンパーニュ
  4. ノアレザン
  5. ナッツとチーズのハードパン
  6. ナッツとチーズのバトン
  7. 抹茶ホワイトチョコクランベリーのバトン
  8. やっこいあんバターサンド
  9. 黒ごまチーズベーグル
  10. チョコクランベリーベーグル
  11. ブルーベリーベーグル
  12. ブルーベリーベーグルクリームチーズサンド
  13. マロングラッセとクリームチーズのくるみパンサンド
  14. ショコラオランジュ
  15. オレンジピールとクリームチーズ
  16. シリアルフルーツバー
  17. いわなみ家のグラノーラ

「セイへの関心」

いわなみ家の話

第92話

「セイへの関心」

雨の三連休。

子供たちが暇を持て余しはじめた様子なので、午前中のパン仕込みを中断し、近所の同級生Мちゃん(小4)も誘って図書館へ行ってきました。

それぞれ持参した本を返却カウンターに提出すると、三人三様バラバラになって本を探しに行きます。この後ろ姿を見送るのが結構好きです。

どんな本を選んだのか、帰り際に得意そうにバックの中身を見せてくれるのも楽しみ。

 

「よーちゃんママー、これ見つからない」

Mちゃん、検索機の前で困っていました。

どれどれ。

タイトルは「死後の整理…」

子供たちが読みたい本、探したい本には、口を挟まないようにしているけども…Mちゃんどうした。

「オッケ。じゃ、この番号をメモして、向こうの棚を探そう」

メモを片手に周辺のタイトルを見回してみると、「生前贈与」「遺言書の書き方」「遺品の片付け方」。どうも毛色が違うようです。

「マンガだと思ったけど、ないならいいや~」

「そう、いいの?じゃ、帰ろっか。で、みんな何を借りたのー?みせてみせて」

「生理の本!」

4年生女子、声をそろえて答えます。

いいねいいね、知りたいよね。成長してるなあ。

もしかして「セイリ」検索でヒットしたのが「整理」だったんじゃ…。

興味の先が、死後の世界かと思ったよ~、ホッ。まだ早いよ~と思ったものの…。

 

帰宅後のMちゃんとママとの会話。

 

Mちゃん「難しいとこのコーナーに行っちゃった」

ママ「どんな本のとこ?」

Mちゃん「【身近な人が亡くなったら】の本のとこ」

ママ「そっか。あった?読みたい本」

Mちゃん「セイリの本、なかったけど、パパとママ死んだらイヤだと思ってボーッとしちゃった」

図書館は知の扉。

生も死も性も、知るに早すぎることはないんだな。