「おいしい炊飯」

いわなみ家の話

第八話

「おいしい炊飯」

 

 

「米を洗ってザルで水切って、水を計量して、それからみなさんどうします?」

「炊飯器派のかたも、鍋派のかたも、すぐに火を入れませんよね?」

そう、浸水。そう、吸水。

パン教室でよく喋ってた、いわなみ先生お得意のトーク内容です。

前回の第七話では、

自家製天然酵母にこだわる2つの理由

「おいしいから」

「育児との両立ができるから」

についてお話ししました。

育児については行き当たりばったりでやってますので、ブログで全世界に配信(!)する事柄はもうほとんどなく・・

今回は、「なぜ自家製天然酵母だとパンがおいしいのか」を以下、三段論法で簡潔にお送りします。

パン教室だと、図説まで加えて1番熱く語る場面ですが・・(せんせ、まだしゃべってる←生徒さん心の声)。

  • 自家製天然酵母はパンを膨らませるパワーが弱いので、発酵するのに長い時間が必要
  • 長時間発酵の間に、微粒の小麦粉の「芯」まで水が染み込む
  • 小麦粉の芯まで浸水したパン生地を焼くと、粉の味が際立ち、しっとり感のあるパンになり、おいしーい!

 

早炊きモードのご飯がおいしくない理由も、同じです。

急いだアタシが悪かったのよ・・。

もっちりとしたご飯には炊けないし、時間がたつと異様にパサつく。あー、もっと待てばよかった。ね?

 

ただ、

  • 自家製天然酵母パンだと何でもおいしい?
  • イーストのパンはだめ?体に悪い?
  • 「生 食パン」「生 プリン」「生・・」の、ナマって一体、何?特別なの?
  • 地粉100パーセント使用、オーガニックだと何でもおいしい?
  • 形は不恰好だけど味は保証付き!のパンは存在する?

いわなみ家的答えは全部、NO!です。

「膨らんでなきゃパンじゃない。膨らんでこそパン」。

「パンの味はネーミングや材料表示では決まらない」。

「生の呼び名で許せるのは、生麦・生米・生卵、そして生ビール」。

 

 

 

 

 

 

【5月4日(火)完売ありがとう】

【5月4日(火)完売ありがとう】

 

 

菅田将暉から生島ヒロシまで、
ひたすらベーグル焼いてました。
90個焼いたのは人生初!

前回の営業から、ちびスタッフによる検温が始まりました。
おでこを出してお待ちください!
10時30分からです。

山食
パン・ド・カンパーニュ
アーモンドトースト
ノアレザン
チーズとナッツのハードパン
塩あんこベーグル
抹茶かのこベーグル
チョコクランベリーベーグル
黒ごまチーズベーグル
ブルーベリーベーグル
ブルーベリーベーグルクリームチーズサンド
オレンジピールとクリームチーズ
やっこいあんバターサンド
マロングラッセのバトン
いわなみ家のグラノーラ
珈琲舎雅のコーヒードリップパック

 

「天然酵母と育児」

いわなみ家の話

第七話

「天然酵母と育児」

 

「なぜ、自家製天然酵母でパンを焼いているんですか?なぜ、自家製天然酵母にこだわるのですか?」

 

パン屋になってよく聞かれることです。

 

答えは2つ。

おいしいから。

育児とパン活動を両立できるから。

 

8年前、生後半年の長女に小麦アレルギーが判明し、パン活を自粛。

でも私は、長女のアレルギー症状が和らぐや否や、活動を一部再開させる、こそくな母なのでした。

「寝落ち」なんかしていられません。

(添い寝でトントンとしているうちに、親のこっちが先に寝てしまう、寝落ち。最近ではパン屋がない日に、至福の寝落ちパラダイスやっちゃってますが。)

彼女が寝ている間がパン活のチャンス!

スヤスヤ寝息を確認したら、そっと腕枕を外して、台所へソロリソロリと移動。

前の晩に仕込んで、冷蔵庫で低温長時間発酵をさせていた生地を取り出し、夜な夜な焼いていました。

パンを発酵させるパン酵母は、

イースト菌と天然酵母菌が代表的です。

イースト菌はサッカロマイセスセレジビエという、1度聞いたらすぐ忘れそうな(笑)、パンの発酵に特化したパワーの強い菌で、無菌状態の工場で作られます。

対して、(自家製)天然酵母は様々な果物や穀物に付着している酵母を起こしたもの。自宅で、様々な常在菌とともに作ることができます。

パン生地を膨らませるパワーで考えると、

イースト菌と天然酵母では

10対3 くらいでしょうか。

 

「パワーが弱い=発酵時間が長く必要」。

自家製天然酵母の長時間発酵が、子育て中にはとても好都合だったのです。

イースト菌のパン作りはノンストップです。こねはじめると、40分ほどで膨らんで、次の作業に移らなければならないし、焼き上がるまでの約3時間、ずっとつきっきりになります。子育て中、それはとてもできません。

 

小さな子供は午前中のごきげんタイムが勝負。朝からベビーカーに乗せ、風を浴び、子育て支援センターで体を動かし、いかに体力消耗してもらうかを考えていました(笑)。

全ては彼女の質の高い眠りのため?

子も母もWin-Winの関係にならなくちゃ。何としてでも、育児以外のひとり時間を作る。

今夜も冷蔵庫にパン生地がスタンバイしていますからね。懲りない母ちゃんのお楽しみタイムのためでした。

長女の成長と、胃腸の発達、段階的な小麦除去食、そして夜中に限定したパン活の結果(?)、

小麦アレルギーは幸いにも数値が下がり、克服することができました。

 

 

やってることはパン屋になった今の自分と変わりません。

子供らが深い眠りについた午前1時に起きて、パン生地を冷蔵庫から取り出し、翌朝7時まで、好きなラジオを聞きながら焼いています。

そして今夜も、菅田将暉のオールナイトニッポン!

 

 

 

【5月2日(日)完売】

【5月2日(日)完売しました】

今日せっかく並んでいただいたのにパンが足りずに申し訳ありませんでした。

5月4日(火)10時30分、また縁側でお待ちしてます!

 

 

 

 

 

 

 

一晩中、降り続いた雨が上がりました。感染がやみませんが、家で食べてもらういつものパン焼きました。お待ちしてます。家族やいつもの仲間と過ごしましょう。GW(=ガマンウィーク)らしいですよ、福島民友4コマまんがより。

山食
アーモンドトースト
パン・ド・カンパーニュ
ノアレザン
チーズとナッツのハードパン
抹茶ベーグル
塩あんこベーグル
チョコクランベリーベーグル
黒ごまチーズベーグル
ブルーベリーベーグル
ブルーベリーベーグルクリームチーズサンド
ショコラオランジュ
マロングラッセのバトン
いわなみ家のグラノーラ
珈琲舎雅のドリップコーヒーパック

 

「食物アレルギー」

いわなみ家の話

第六話

「食物アレルギー」

 

【午前9時】授乳◯、うんち◯ (普通)

【午後1時】授乳◯、うんち△(かため)

【午後5時】授乳◯、おふろ(よーちゃん、ごきげん)

 

初めての育児。

簡単な育児日記と同時に、私が欠かさずつけていたのは、

「パンのデータBOOK」

 

【こねあげ】 23℃

【1次発酵】 25℃ 1時間のちパンチ、室温20℃3時間のち、冷蔵庫8時間

【2次発酵】 25℃40分

【焼成】予熱250℃、230℃に下げて20分

 

など。

 

生後4ヶ月目くらいの育児日記には

【ようちゃん、身体じゅう、痒そう。血が出るまでかきむしってしまう。なぜ?】

 

そのころ長女は、頭皮、耳の裏、ほっぺたや腕まで、身体じゅうを痒がりはじめました。見ていてかわいそうなくらいに。

皮膚科で保湿クリームをもらいますが、改善はみられず、医師の勧めで、生後半年の健康診断でアレルギー検査をすることになりました。

「お母さん、原因は小麦ですねー」

「えっ?!」

子供が小麦アレルギー?

No wheat, no bread.

私のパン作りには、小麦なくしてパンはあり得ない。

それこそ、私のパンの未来予想図がガタガタと音を立てて崩れ落ちました。

 

その後、お医者さんの説明も、上の空。

「原因は所説ありますけどもね、そのひとつで、蕎麦屋の息子が蕎麦アレルギーってのはよくある話でね、必要以上のアレルギー物質を食べたり、体に付着したりすると、赤ちゃんの体はアレルギー反応を起こしてしまうことがありますね・・」

 

ん?思い当たる節がありすぎる。

抱っこひもでだっこやおんぶをしながら、小麦粉を計量し、パンの試作をしては、日々データBOOKをつけていました。

多分、この賃貸の我が家には、普通の家庭より多くの小麦粉が空気中に漂っていて、それを浴びるような暮らしをしていたんだ・・。母親の私の、熱中が過ぎたばっかりに、こんなに小さな我が子に辛い思いをさせてしまった・・。私の母乳も小麦の含有量が多かったのかもしれない・・。なんて母親だ。

爪でかきむしるあまり、両手に小さなミトンを着けさせられたヨーコに謝るしかありませんでした。

 

さて、これから私はどうしたらいいのか。当時住んでいた、大阪・豊中市の病院から途方にくれてベビーカーを押して帰宅しました。

それからはパン作りを封印し、家と地域の子供支援センターを往復する毎日を自らに課しました。

懺悔のような気持ちで。