「どうぞお引き取りください」

いわなみ家の話

第37話

「どうぞお引き取りください」

 

あれから4日経ちました。

新聞掲載の反響は予想以上に大きく、元新聞記者のわたしもびっくりでした。

元同僚のY紙ベテラン記者やカメラマンも紙面を褒めていましたよ。民友記者さん、丁寧な取材をありがとうございました。

 

事件が起きたのは、まさしく新聞掲載日。

現場は、パン屋縁側付近。

居合わせたのは、お客さん4名。

この日はお客さんが多く、早々に売り切れようとしていましたが、事件発生時に残っていたのはベーグルが1つだけ。

抹茶ベーグルを手に、レジに近づく初老の男性。

客「なんだよ、1つだけか」(ベーグル、レジにポイっと転がる。あたしの分身が。ヒィ。)

私「ええ、すみません、せっかく来ていただいたのに」

客「高ぇな」

私(うっ、今なんて?)(笑顔取り戻し)「290円です~」

客(財布からお金を出しながら)「ところで小麦はドコ産使ってんのかい?」

私「北アメリカ産の小麦を、郡山の業者で製粉したものを主に・・」

客「けっ、外国産じゃダァメだな。てことは、この店は天然酵母ってだけか?」

私(天然酵母ってだけ?エクスキューズミー?)「お気に召さないのであれば無理に買っていただかなくていいんですよ(かろうじてまだ笑顔キープ)」

客「俺はなぁ、長年、JAで小麦をナンタラカンタラ・・。国産小麦じゃないとダァメだー」

私「あらー、そうですか(笑顔、限界)。私も小麦に携わって10年以上です。その中で、国産も外国産も含め、天然酵母に合う小麦粉を選んでやっているわけです(不覚にも涙でてくる)。初めていらしたお客さんにここまで言われなきゃいけないでしょうか?」

ここで、私の目に写ったのは、この異常事態を遠巻きに見守りながら、首を縦にブンブン振っている4名のみなさん。

買うパンがもうないのに、4名のみなさんは帰らない。首を振りつづける。

私はそれを「店主がんばれ」だと察知してこう続けました。

私「今日はこれ(ベーグル)持ってお引き取りください。お代は結構です」

 

ここのパンが美味しいと言って繰り返し来てくれるお客さんと、製粉したての新鮮な小麦粉を肩に担いで毎週配達してくれる業者さんの顔が浮かびます。

確実にお客さんを1人失いましたが、それよりも、自分のパンと、たくさんのお客さんと業者さんを守りたかったです。

男性客はいつの間にかいなくなっていました。

代わりに、ベーグルが1個、まだレジに転がっていました。

「これ、食べちゃいましょうか。いわくつきですけどね・・」

小さなまな板でベーグルを4等分し、事件後にかけ寄ってきてくれた4名のみなさんにお渡ししました。

「また来るよ。おいしかったよ」

こんな時でもお客さんに助けられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「小娘による辛口コメント」

いわなみ家の話

第36話

「小娘による辛口コメント」

 

先日、出先で夫が買ってきてくれたらしく、ダイニングテーブルにパンが転がっていました。

山食やカンパーニュなど、いわなみ家にもあるパンが数種類。

たまには他の店のも食べて研究してみたら?ってことだと察して翌朝いただくことにしました。

 

カンパーニュをつついてみた次女(小1)、

「なんっ、これ?やっわらか!」

軽くトーストした山食をかじった長女(小3)、

「ママ、口の中が乾く~。砂漠?砂鉄?の味する」

砂漠も砂鉄も食べさせたことはないですが・・・、言いたいことはわかりました。

パン屋の娘は、コメントがいちいち辛口かつ生意気でスンマセン(笑)親の顔が見てみたい。

 

私が焼き上げてあら熱をとっているパンにも、毎日厳しい視線が送られます。

山食を見ては、

「今日は高さが出てないねぇー」

(それ一番気にしてること!)

ちょっと早めにオーブンから出してしまったノアレザンを見ては、

「もうちょい焼き色つけたほうがよくない?」

(それも!)

んもー、的を射てるから余計にカチンときます。

生まれ育った環境の食べ物で舌や目が育つのはいいことだけど、コメントが的確すぎて時に凹みます。

お客さまの手に渡る前に、手厳しいチェックを受けておりますので、安心してお買い求めください。

 

件のパンを買ってきた夫もどうやら試食したようで、家庭内LINEが届いていました。

「いわなみ家のパンって美味しかったんだね(笑)」

 

今月で結婚14年目。

気付くの遅すぎない?

 

 

 

「あなたには嫌われたくない」

いわなみ家の話

第35話

「あなたには嫌われたくない」

 

草ボーボーの庭の草刈りをしながら夫が泣いていました。

「どうしたの、なんかあった?」

「取材先の人を怒らせてしまった・・」

今にも消え入りそうな声。

 

 

「ママはいいよねー、誰にも怒られなくて」と、小学生の娘たちはよく言います。

大人になったら怒られることは少なくはなるけど、その分、ショックは大きい。

 

あんたのこと信頼してたのに何をしてくれるんだ・・今回の夫の件も、どうやらその類いのようです。

大人の涙は、失った信頼への、悔しさそのもの。

大人のみなさん、最近、悔しくて涙したことありましたか?

  • フォトジャーナリストと取材相手
  • パン屋店主とお客様

比べる土台は違えども、わたしにも、信頼を失いそうになった出来事があります。

スマートフォンに届いた、常連さんからのメッセージ。

「いつもおいしくいただいています。お伝えするの迷ったんですが、先日のお届けパンに髪の毛が入っていました」。

この方、開業当初からのいわなみ家ファンで、「そろそろ(パンのストックがなくなって)禁断症状です」「いつまででも食べていられるパンです」など、これまでに胸が熱くなる言葉をたくさんいただいてきました。

 

そんなお客様の信頼を一瞬で。

作業中に入った私の髪の毛1本で。

飲食業者として、あってはならないことが起きてしまった。

手にしたスマートフォンの画面が、動揺で震えました。

すぐさまメッセージに心からのお詫びを送信。「既読」なるまで、鼓動が治まりません。

「入力中・・」にすこし安堵してさらに返信を待つこと1,2分。

「どんなに気を付けても起こることがあります。わたしも菓子作りをする者として重々承知です。これからもファンとして気持ち良く買い物したい・・そんな勝手な思いで、モヤモヤしたままにせず、お知らせすることにしたんです」

今度はスマートフォンの画面がぼやけます。

取り返しのつかないことをしてしまったけど、思い付く限りのお詫びはしたいと思い、翌日にはシュトーレンを送りました。

雪が溶けた春、ご家族で縁側の店頭販売にいらしてくれたことは、映像になって私の頭の中に残っています。

 

夫よ。相手は、「あんたとこれからも付き合いたいんだよ」と思って怒ったんでしょう。

時間を置かず、菓子折り持って、謝っておいで。何度でも。

 

 

 

 

「一家別行動の功」

いわなみ家の話

第34話

「一家別行動の功」

夏休みもまもなく終わります。

特にどこへも行かない2度目の夏休みが、わたしにとっては、あっという間でした。

長かった・・と思っている貴女は真面目に子育てと三食担当をこなした証拠です。

金メダルです!

私の子育ては、手抜きを極めております。

一家別行動推進派です。

 

「あづい~、ママー、なにもすることないー。何したらいいー?」

「な、何したらいいって、んなもん自分でかんがえなさーーい!」

これは部屋の中がイライラマックス状態になっている時です(経験あるー?あるある!)

イライラ計の針が振り切れる前に駆け込むのが、町の図書館。広くて新しくて、なにより涼しい。

図書館に週2は通って我が家の電気代を節約しました(笑)。

図書館についたら、母子は散らばり、別行動します。母は小説コーナー、姉は検索機、妹は児童書コーナーへ。

おのおの、好きな本を5冊選んだら再集合します。

ある時は「おしりたんてい」シリーズを5冊、またある時は「よしたけしんすけ」しばりで5冊、「角野栄子さん」ばかりを選んだり、子供のチョイスもなかなかです。

子供がある程度大きくなったら別行動オススメです。

母でも妻でもない、自由時間が得られます。

バラエティ番組で、くりぃむしちゅーの上田さんや、明石家さんまさんなどが名MCと評されますよね。他のメンバーの良さを引き出して会を進行する役がmaster of ceremony(MC)らしいです。

夏休みも終盤に差し掛かって、さすがに、「あたし、家庭内でMCやってんだな。MC業、疲れた」と感じました。

母は家族の太陽、なーんて、押し付けないで欲しいよねー。いつでも太陽でいられるわけないし。

夫が長野に帰省すると提案しましたが、丁重にお断りしました。

車内で七時間MC、夫の実家で妻として嫁として母としてMC・・。父子で行ってくれ~。

2泊3日の短い一家別行動でしたが、

ひとりの夜にワインとビールを買い込んで

「花束みたいな恋をした(主演・菅田将暉、有村架純)」を観て

「よだかの片思い(島本理生著)」

「号泣する準備はできていた(江國香織著)」

を読了し、

YouTubeもAmazonプライムで映画も飽きるほど見て、MCに復帰する活力を得ました。

4人揃った食卓でMC聡子「で、諏訪はどうだった?じいちゃんばあちゃん元気だった?」と話を振っただけで、

父子はイキイキと話を続けてくれました。

MC卒業できるか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「★いただきました」

いわなみ家の話

第33話

「★いただきました」

 

先日、スマートフォンのバナー表示に「Googleマップにクチコミが送信されました」とお知らせが届きました。

どれどれとサイトを開いてみると、

★☆☆☆☆

5段階評価の星が1つ。

これがミシュランなら、どえらい事でして、地元紙の一面に掲載されちゃうかもですけど・・。

この類いの星1つというのは

「もう2度とこんな店行かないし、オススメもしない」に相当するのでしょう。

ハイ、頂いたお声は真摯に受け止め・・たいところなんですが、★だけが置き去りにされて、声(コメント)や名は無し。

「せめて、お名前だけでも。君の名は~」。

そして当方、匿名のインターネット評には全く動じておりません~。

 

バズる(ヒットする、大当たりする)とかディスる(けなす、否定する)なんて言葉が生まれて多用されてます。

友人の知り合いの店では、ネット検索でその店が常にトップに来るように、毎月10万円も払って、外注しているそう。

そんなにバズりたい?

トホホな時代。イミフ~(古い?)

 

今、小3の長女が、オリンピックの新聞記事を切り抜いて夏休みの自由研究に取り組んでいます。

彼女が考案した「オリンピッククイズ」には

【オリンピックで銀メダルをかく得した女子バスケットボール町田瑠唯選手の身長は何センチでしょう?】

1、170センチ

2、162センチ

3、167センチ

とあり、問題の脇に答えがさらっと書いてありました。

それを見て元新聞記者の血が騒ぎます。

「答え書くだけじゃダメ。新聞記事とかないの?ほんとに162センチなんだ~って納得できるような・・」

「あー、そうか」

理解したのかしてないのか、お母さんの熱に圧倒されたのか(笑)、8月9日付読売新聞朝刊スポーツ面から、選手のプロフィールを切り抜いていました。

 

 

本当のことは、どこにあるのか。

どのソース(情報源)を信頼するのか、しないのか。

その力を母子とも身に付けて行きたいです。