【5月22日㈰完売しました】

【5月22日㈰完売しました】

本日完売です。ありがとうございました!

 

  1. 山食
  2. アーモンドトースト
  3. パンドカンパーニュ
  4. ノアレザン
  5. ナッツとチーズのハードパン
  6. 塩あんこベーグル
  7. 黒ごまチーズベーグル
  8. チョコクランベリーベーグル
  9. ブルーベリーベーグル
  10. マロングラッセとクリームチーズのくるみパンサンド
  11. オレンジピールとクリームチーズ
  12. ショコラおらんじゅ
  13. マロングラッセのバトン
  14. チーズとナッツのバトン
  15. クリームチーズとあまなっとうのバトン
  16. いわなみ家のグラノーラ
  17. シリアルフルーツバー

「だって女の子だもん」

いわなみ家の話

第79話

「だって女の子だもん」

 

「しきゅうないでらんしとせいしがであわなければ、しきゅうないのまくがはがれおちる。これが生理」

な、な、何を読んでるの?

朝からたじろぐ母。

小4の長女は本の虫で、新聞、雑誌、絵本…そこらに転がっている文字なら何でもむさぼります。

唯川恵や山本文緒まで読もうとするから、こちらも、おちおち恋愛小説を開けません(この前は朝井リョウをかじろうとしていた)。

声に出して読んでいたのは「学校では教えてくれない大切なコト(4)ステキになりたい(旺文社)」。思春期に入る前の小学生向け、心とからだの実用書。

友達のママが貸してくれました。

赤ちゃんはコウノトリが運んでくるとか、そんなおとぎ話はもう通じません。ではどうやって伝えるか?

性教育に関する本やマンガを、それとなく目に見えるところに置いておくことにしました。

姉に続いて妹も読み、「なんかおもしろいこれ」。

恥ずかしいことではないし、知るに早すぎることもないしね。自分の身体を大事にね!

効果あってか、最近のお手伝いでは、洗濯物干しのときに自分の下着を内側に干すようになりました。

「ママのおっぱいのやつと、わたしのパンツは内側ねー。かえ(妹)のは外側でいーや」。

私も関連本を読んで勉強し、母として、女性として、何か質問を受ければ正面から答えようと思いますが、

目下のところ、私がハマっているのは

林真理子著「女はいつも四十雀(光文社)」。

第1章 素敵な元カレは、女のご褒美である

第2章 手放すには惜しい妻でいるために

第3章中年女が若い女に勝つ方法

林女史、オモロすぎます…

 

 

 

「5月のぴーちゃん」

いわなみ家の話

第78話

「5月のぴーちゃん」

今年も我が家にピーちゃんがやってきました。

かやぶき古民家の屋根には、囲炉裏の煙を出すための、さらに小さな屋根がついています。

そこは、別名・スズメのおうち。

今年も生まれたてのヒナが屋根から落っこちてしまいました。

学級閉鎖で自宅待機の長女が、朝、軒先で見つけました。

「去年はアマゾンさんが届く前にぴーちゃん死んじゃったからね・・」

翌日お急ぎ便で注文した「小鳥のエサ」を待たずに死んでしまった先代(去年)のぴーちゃんを思い出します。

親鳥から離れてしまった今年のぴーちゃんも長くは生きられないと、彼女は知っています。

それでも、あの手この手でぴーちゃんのお世話です。

お向かいのおじちゃんが持ってきてくれた稲わらを敷いて、ぴーちゃんを温め、去年使わなかった小鳥のエサを与え、スポイトで水を飲ませ…。

「おかあさーん、ぴーちゃんはここですよー」

と電線に止まったスズメに声をかけてもみました(あれきっとお母さんスズメだよ、とのこと)。

けれど、お別れのときは予想より早く、昼過ぎにはやってきました。

最期の1時間は、身悶えするように身体をよじらせたり、羽をばたつかせたり。かと思えば、目を閉じ、微かに肩で息をして。

それを間近に見ていた長女が、

「苦しませずに死なせてあげたい」

とつぶやきました。

さらに見守ること数10分後、柔らかな羽毛の動きがついに止んだときには、

「よかったー、これでいい夢がみられるねー」と。

愛おしいものの命が目の前で終わろうとするときの、心からの言葉が聞けた気がしました。

開かなくなったクチバシに何も言わずに水を含ませてやる姿も、覚えておきたい子育ての1ページになりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「週末コンプレックス」

いわなみ家の話

第77話

「週末コンプレックス」

ゴールデンウィークの昼下がり、買い物の帰りに車で通りががった阿賀川を見下ろしてびっくり。

河川敷を埋めつくす色とりどりのテント、ゴツい車。

信号で止まっていたら、焼き肉のタレのあの香りも車内に入ってきて、「THE 家族!THE キャンプ、バーベキュー!」と1人で叫んでしまいました。

姉妹がまだまだ幼かったころ、わたしは極度の「週末コンプレックス」でした。

週末どころか、花見シーズンもゴールデンウィークもお盆も消えて無くなれ~と思っていました。

「ナイスボール!」「ナイッシュー!」

当時住んでいた借家の窓からは、毎週末、隣の家のパパと少年がキャッチボールやサッカーをしている姿が見えました。

「この子が男の子じゃなくてよかった。キャッチボールはとても無理や…」

まだ歩きもしない次女を胸に抱えながら、本気で思ったものでした。

のぞき見して腐ってる場合じゃないぞ!と、弁当をもって公園に行っても、「THE週末家族」がウヨウヨ。

サイクリングコースでレンタルした「ファミリー向け」自転車に乗り込み、ペダルにほとんど足が届かない2人を乗せて…、大汗かいて坂を昇りきったあとは、心身ともに打ちのめされた気持ちでした。

ならば週末に仕事をしようと、土曜日にも自宅パン教室を開催。

上の子は、平日幼稚園、土曜日は一時保育が可能な保育園へ。下の子はパン教室中、おんぶ紐で背中に固定。

ほどなく、母子ともに疲弊していきました。

ここらで、勘のいい読者さんは、「パパどこいった?」と思うでしょう。

ほんとに~(笑)どこいった?こっちが聞きたい!

当時、夫は「震災後の福島を撮る」という十字架を背負って、前だけを向いていたので、女子たちの「おーい!バブー!」の声は届かず…。

週末の日曜にパン屋を設定して開業したのは、週末コンプレックスのたまもの。

子供たちを巻き込んで楽しめるイベントを家でしちゃえばいい。

TKしない。TK。何の略か分かりますか?

小室哲哉さん(笑)?惜しい!あなた同世代。

答えは、頼らない、期待しない。

TK(頼って期待する)から、ダンナが不在でアタシはワンオペだとか愚痴るハメになる。

TKしないでいた結果、写真家の夫は大工として縁側をDIYし、庭師として庭木を整備してくれるまでに(バブーの声やっと届く?)。

縁側パン屋でたくさんのお客さんと過ごせて、週末コンプレックスがなくなったのは言うまでもありません。

 

 

 

 

 

 

「鼻の穴にズームイン」

いわなみ家の話

第76話

「鼻の穴にズームイン」

世の中がコロナ禍となって、はや幾年…

遅ればせながら、この度zoomミーティングなるものに招待され、参加しました。

愛用のAQUOSケータイにアプリをインストールして、ホストから招待されたアドレスをクリック。

ほかの参加者さん4名の顔は見えていますが、あたしの顔は真っ暗。

そんなの簡単。イージー、イージー。

ビデオカメラマークを押すと自分の顔が画面に出ました。

お次は音声が聞こえません。

立ちはだかるオンラインの壁。

イージー、イージー?

音量ボタンを最大にしても、あれ?マイクのボタンを押してみても、あれ?

参加者のみなさんが口をパクパクしているだけ。何も聞こえません。

「音が聞こえません」と紙に書いて内臓カメラに掲げようかと思いましたが、さすがにそれはアナログの極みなので、いったん「退出」ボタンを押して、ドロン。

すぐさま友人に救助要請の電話をすると「もしかしてスマホでやってる?」

え、そーだけど、何か?

レスキュー隊員のおかげで音声も出るようになり、約10分遅れてめでたく参加。

しかし、会議中、どれだけスマホがzoomに向いていないかを思い知りました。

  • スマホをテーブルに立て掛けてみるも、カメラが目線よりかなり下になるため、アゴが伸び、鼻の穴が異様に強調された顔に映る(ブサイク~)
  • 操作をしようとスマホ画面にタッチするたびに、指先や腕がでっかく画面に映り込む
  • 映り込むだけならまだしも、時折スマホがズルッと倒れては、天井の照明を映し出す(マヌケ~)
  • スマホ画面は分割されて4人を同時に映すが、5人目の参加者は次の画面に表示される

司会役の青年会議所の方が「では資料をご覧ください」と言っても、5人目の人がしゃべっていても、私はスマホ画面を触れない事情があるのです。

いちいち巨大な人差し指が画面に映るし、触ればまたスマホがズルッと倒れるかもしれない。

背景に映り込むからって、部屋の掃除してる場合じゃなかった。鼻の穴が大きく映らないようにテストしておくんだった。

会議の30分間、終始、自分の鼻の穴が気になって気になって…会議は突然終了しました。

また訳わからんこと起きた。終わり?

次の電話の相手は実家の母。「もー、お母さん聞いてよー。zoom初めてやったらさ、鼻の穴が、もう、大きくてやだー!」

zoomについては母が先輩。九州大学のボランティアスタッフとして働いていましたが、近年はzoom会議ばかりだそう。

「あんたそれ、ミュートになってたんじゃないの?それから、無料のミーティング時間は40分でしょ?休憩はさんで再開する人もいるよね」

へーそうなんだ、どゆこと?

母との長電話を終えてメールの受信ボックスを開くと、「ホストがあなたを予約されたミーティングに招待しています」のメールが。

やばー。2回目のミーティングすでに終わってた…。

来月、会津青年会議所主催の「會津で夢を見よう~会津の魅力発見」にて、移住者として、また、起業者として、トークセッションしてきます。

zoomは苦手だけど、talkは得意よ~!