イランコトイワン子育て

いわなみ家の話

第22話

「イランコトイワン子育て」

 

ブログの更新が途絶えていたここ数日、母ちゃん参ってました。

何よりも食べることが好きで、家族の誰よりも先に食卓について、「もうやめなさい」って言うまで食べ続けていた1年生の次女が、全く食べなくなりました。

食卓に並んだ夕飯をチラリと確認して、顔をしかめて後ずさりするのです。

「かえちゃん吐きそうなの」。

初日は泣き叫び、翌日は目の焦点が定まらず、その次の日からは目の下にクマができてしまいました。トレードマークのぽっこりお腹もあっという間に引っ込んでしまいました。

入学、コロナ禍、運動会・・積もり積もった、いろんな疲れやストレスが彼女にのしかかったのでしょうか。原因はわかりません。

せめて水分だけでも摂ってほしい・・。

我が家では、食事中にジュースは飲みませんが、こうなったら何でもオーケー。りんごジュース、カルピス、ファンタ。

「え?ごはん中だけど、いいの?」。

3年生の長女はキョトンとしながら、棚ぼたに預かれてラッキー。(飲んでほしいのはキミじゃないんだけどー、笑)。

当の本人には作戦失敗。次女は今にも泣き出しそうな顔をして、また食卓から離れていきます。

しだいに私は、食事の準備と次女の反応が怖くなってきました。

またダメだったらどうしよう。

「無理して食べなくてもいいよ」と言ったそばから、「ひとくちでもいいから、食べて」。

母の愛が強すぎるゆえに、言動が矛盾しました。

 

行き止まりのどん詰まりにいたとき、私の他にも、かえちゃん応援団がいました。

「外でサンドイッチを作って食べよう」と、材料を買い込んで来てくれた夫。

我が家の食料ストックにはないジュースやフルーツの缶詰を自宅からかき集めて持ってきてくれた裏の家のけいこちゃん。

畑のイチゴを摘んで夕飯前に届けてくれた近所の子供たち。

「おにぎりに巻いたら食欲でるから!」と、レッスンの帰りに青ジソの塩漬けを持たせてくれたピアノの先生。

大好物の明太子ならどうかと、すぐに送ってくれた福岡の母。

 

応援団による、あの手この手の縦横無尽作戦。

いつもは食料ストックがほとんどないウチの冷蔵庫がパンパンになりました。

 

そして別の形の応援も。

以下は友人とのLINEのやりとり。

友「もしかして、食事中、固唾をのんでかえちゃんのそばで見守ってる?」

私「カタズのみまくりですけど?!」

友「(笑)やっぱり」

私「手に汗にぎったママが隣にいたら確かにプレッシャーよね。ちなみに、黙っていようと思っても、すぐ、『ちょっとだけでも食べて!』とか言っちゃう・・」

友「ほんとうにお腹が空いたら自分から食べるはずだから、今は辛いけど、そっとして、待とう」

私「そやね。イランコト言わずにね~」

 

母親って、すぐイランコト言っちゃう性なんでしょうか。私だけか??黙って見守るのが苦手!

「ひとくちだけ」も「ちょっとだけ」もイランコト。今は食べたい時じゃないんだもの。

辛抱しなきゃいけないのは、母親の私のほうでした。お口チャック。

そして5日目の夕方、湯船に浸かっていたとき、

「ママー、何でもいいからたべたい!おなかすいた!」

 

はいよ待ってましたー!

応援団の皆さま、ご心配おかけしました。もう大丈夫です。昨夜は、明太子ごはん3杯目のおかわりしようとしてましたので。

 

「いいかげん宿題やんなさい」

「はやく歯磨きしてー!」

「時間割まだなのー?」

 

イランコト言わん母になるつもりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「焼きたての冷めたて」

いわなみ家の話

第21話

「焼きたての冷めたて」

 

パンがいちばん美味しい瞬間はいつだと思いますか?

わたしの思うに、それは2回訪れます!

1回目は「焼きたての冷めたて」

焼きたてから数時間たった、冷めたてのころです。

ちょうどいわなみ家店頭販売開始の10時30分でしょうか(笑)ほんとだよ。

意外にもホカホカアツアツフーフーのときって、パンの本当の味はわからないんです。アツアツに感動しがちですが。

 

2回目は「翌日以降に焼き直したとき(リベイク)」。

どんな有名パン職人が作ったパンでも、パンを乾燥させてしまったら、もうおしまいです。不味いラスクみたいになります。

パンは焼きあがって窯から出したその時から乾燥が始まります。

パン屋さんで、陳列棚にハダカの状態で盛られているパンを見ると、ハラハラしてしまいます。

乾燥しちゃうよ~。若さは戻らないよ~。包んであげたい~!青春を返せ~。

ただし、パンの中心部に熱がこもっている場合は、まだ包みません。

カンパーニュなどの大型パンは完全に熱が抜けるのに3時間以上かかるので、ハダカの状態で並んでいてもOK。安心してください。

さて、仮に私が、東京まで出掛けて、お目当てのパンデフィロゾフのパンをたくさん買ってきたとします(コロナおさまれー。行きたい~)。

  • (焼きたてなので袋の口をあけておきますね~)と言われたパンは、完全に冷めたら口を閉める
  • 帰宅したら、翌日までに食べる分を選んで、残りは二重ラップして冷凍庫へ
  • 翌日分は冷蔵庫ではなく室温で保存

 

お待ちかねの翌朝、リベイクの方法は以下の通りです。

  • パンの表面に100均の霧吹きスプレーで水をシュッ、シュッ、シュッ。3回くらい
  • オーブントースターで3~4分

これで、外側はカリッと、中はしっとり。パンがよみがえります。

冷凍のパンは前日の夜にでも室温に出しておけばよいでしょう。

 

この方法、スーパーのトンカツや天ぷらにも応用できます。衣にシュッ、シュッ、シュッで、焼きあがりカリッ、ふわ。

昨日、美容室でトリートメントしてもらい、スタイリストさんにいいことを聞きました。

「朝のブロー(ドライヤー)は、寝てる間に髪の水分が減って乾燥してるので、髪の毛を水で濡らしてから(ドライヤーを)やると、髪の毛ツヤツヤをキープできますよ」って。なるほどねー。

100均の霧吹きスプレー、トースター横と、洗面所に常備ですね~。

 

 

 

 

「ベーグルと英会話」

いわなみ家の話

第20話

「ベーグルと英会話」

 

たまにはパンのことを話します!

いわなみ家の店頭販売にベーグルが出ないことはありません。毎回登場します。

今日も5種類56個のベーグルを焼きました。

ベーグルは、おなじみのリング型に成形した後、焼く直前にお湯で茹でる、ちょっと変わった工程のパンです。

材料にバターやオイルなどの油脂が入っていないのでヘルシーなパンとして分類されています。

はじめてベーグルを食べたのは、大学生の時。交換留学先のカナダの大学カフェテリア(学食)で、現地の学生で特に込み合っているのがベーグルの一角でした。

日本の大学食堂が「麺」「丼もの」「汁」と窓口が分かれているように、カナダの大学でも「BAGELS」「PIZZA」「SOUP」とそれぞれにブースがありました。

自分好みのベーグルを食べるために、お昼時になると学生たちが列を作っていました。

ベーグルのブースはいつも2列。

(A)自分でトーストして、バターやはちみつ、クリームチーズを塗る列

(B)ガラスの向こうのお姉さんに、好みのベーグルサンドを口頭で注文する列

まずは(A)に並んで、見よう見まねで、トーストしたてのベーグルにクリームチーズをどっぷり塗って食べてみたら・・!

カリッ、ムギュン、クリームチーズ濃厚~。その美味しさに1度ではまりました。

 

さて次は難易度の高い(B)です。

なにも喋らなくてもよい(A)とはワケが違います。無愛想なお姉さんに、注文しなきゃいけないのです。

(B)の列に並ぶ前に、寮の自室で何度も注文内容を練習したものです。

 

Hi! Could I have ehhh aaaa five-grain bagel with some lettuce aaaaand ham and cheese? Oh! and with plenty of mayonnaise, please.

エーーとか、アーーとか、それっぽく迷ってみたりするフレーズです。マヨネーズを注文し忘れてたりね。

これを練習しました。

ユー、何しにカナダまで留学を?(笑)

その日に食べたいものが違っても、練習した文章を披露するために、ハムとチーズの5種の穀物入りベーグサンドを食べるのでした。

日本食が恋しくなるだろうかと、スーツケースに忍ばせた、ふりかけやフリーズドライの味噌汁はほとんど出番がありませんでした。

福岡空港に帰国した1年後、出迎えてくれた父と母は「さっちゃん、大きくなったね」と。娘との再会に感慨ひとしお?

身も心も、一回り大きくなっちゃいました。

体重5キロ増。ヘルシーなはずのベーグルでしたが??

 

 

 

 

「オープン後のケイサツザタ」

いわなみ家の話

第18話

「オープン後のケイサツザタ」

 

2019年12月、パン屋オープンの一週間前に、近所のみなさんを我が家に招いて、パンの無料ふるまい会をしました。

好きなパンを選んでもらって、紙コップにインスタントコーヒーを注いで、会食の場で店主は大声であいさつして、ご近所さんギュウギュウ密密・・。

こんな 時代も あったねと、、

なつかしい。

それから数ヵ月後のTOKYO2020が延期になるなんて、ね。

 

毎週完売の好調な滑り出しをしていた、2020年の年明け間もないある日、玄関前に警察官が立っていました。ギョッ!

サツ「パン屋さんをやってるのはこちらですか?」

私「は、はぁ。私ですけど、何か・・」

サツ「困りますよー、路駐してもらっちゃ。苦情の電話がかかってきましてねぇ。何とかしてください」

私「いや、その、何とかって、、」

サツ「今度見つけたら、お客さんにはかわいそうだけど、違反切符きりますからね。続くようなら、あなたも営業停止になりますよ」

私「え、そんな」

サツ「じゃ、そういうことで」

 

怖くなってメソメソ泣きました。

思い当たる節が思い当たらないほどに、私はお客様駐車場に関して無頓着でした。

ご近所さんに気に入られようと、オープン前にパンを食べてもらったのに、近所に迷惑をかけていた・・。

お客様だって、停めるところがないから仕方なく路上駐車を・・。

お客様の数だけ、駐車場を確保しなければならなかった。

パンしか眼中になかった私に100パーセント非があります。

 

すがる思いで「困ったときの長谷川さん(役場の移住担当)」に電話すると、折り返しの電話でも構わないのに、直接やって来てくれました。

長「いわなみさん!だ、だいじょーぶですか?」

私「はーせーがわさーん、泣きたいです!!」

長「それは困りましたね。あ!それなら区長さんにお願いして公民館の駐車場を貸してもらいまょう。それから、この近所の人たちなら、絶対、駐車場貸してくれますよ」

 

その日の晩に、区長さんもウチに来てくれて、我が家の駐車場工事が完了するまでの数ヵ月の間、公民館の駐車場を貸してもらえることになりました。

また、お向かいのコジマさんも、二軒隣のコジマさんも、裏のホシさんも、その隣のカネコさんも、「うちの駐車場使えー」って。

なんて温かいご近所さんたち。

現在、自家製天然酵母パンいわなみ家のお客様駐車場は、2ヵ所です。

食パンに「P」マークの看板が目印です。

第1駐車場は、いわなみ家の裏(5台)。

第2駐車場は、お向かいの、コジマのおじちゃんおばちゃんのところ(4~5台)を借りています。

駐車場代は、焼きたてパンの現物支払いで、ちびスタッフが毎週持っていきます。

おじちゃんおばちゃんは「ほんとの孫みたいだ」と目を細めて、ポテトチップスやキャンディーやプリンを娘たちに持たせてくれます。

 

 

 

 

 

 

「なにくそ根性」

いわなみ家の話

第17話

「なにくそ根性」

 

古民家パン屋オープンに向けて、開店準備に余念がない2019年秋。

材料の仕入れを、これまでのインターネット通販から地元製粉業者に変更しようと考えていました。

パン教室なら小麦粉500g~1キロあれば1日のレッスンができますが、お店となると1日約10~15キロを使います。

インターネットでその都度購入していては間に合わないし、単価も高い。

毎週決まった曜日に25キロの粉袋を担いできてくれる業者さん、いないかな。

まずは東北ではいちばん名前を聞く、ある業者に電話して自宅に来てもらいました。

その若い営業マン、なんて言ったと思います?!

 

若造「ひと月のご注文が10万円いかないとお受けできないんすよー」

私「あ、そーですかー、そこをなんとか」

若造「ここでパン屋すかー?正直きびしーと思いますよ。米どころだしねー」

私「まあねぇ、一面の田んぼ・・」

若造「カンパーニュとか?ベーグルとか?いやー、きびしいと思うなー。柔らかいパンのほうがいいんじゃないっすか?」

私「・・もう、結構です」

聞くけど、若造よ、お前はアタシのパンを1口でもかじったことが、あんのか??

米どころ、会津人をなめんな。

会津人のお客様の舌は肥えてんだぞ。

 

もちろん、その業者とは取り引きしていません。

その後、10万円なんて注文いかなくても、毎週毎週届けてくれる、2つの業者さんと仲良くやっています。

根に持つタイプですからね、アタシ(笑)

若造の、あの「大規模店舗至上主義」、「田舎のパン屋は売れない」及び「俺はパン屋を知りつくしているぞ」的発言を胸に、「なにくそ根性」で小麦粉と向き合って参りました。

先月は10万円以上の支払を別の業者さんにしたもんね。

まだまだお尻が青いわね~

(今回は毒舌が過ぎましたかね・・失敬。若造思い出しちゃって、つい)